ファクタリング乗り換えは他社利用中でも可能!複数社利用は刑事告訴にされるので注意

ビジネスを展開する上で、資金調達は不可欠ですが、時には回収予定資金よりも早く資金が必要になることがあります。

そんな時ファクタリングサービスは重要な選択肢となり得ます。

しかし他社のファクタリングを利用している場合、乗り換えは可能なのでしょうか?

ファクタリングの乗り換えは他社利用中でも可能です。

この記事では、ファクタリングの乗り換えについてメリットや必要な注意点、成功している人の特徴などを解説します。

また手数料を下げやすいファクタリング会社についてもご紹介します。

本記事がファクタリング会社の乗り換えを検討している方の、参考になりますと幸いです。

ファクタリングの乗り換えは他社利用中でもOK?

ファクタリングの乗り換えは、他社のサービスを利用中であっても実行可能です。

既存のファクタリング会社との契約を見直し、より条件の良い別の会社へと乗り換えることを意味します。

ファクタリングの乗り換えを検討すべきタイミングとして、以下が挙げられます。

  • 手数料が高い
  • 買取率が低い
  • サービスのサポート体制が悪い

乗り換えを行う際に現在の契約内容を正確に理解し、二重譲渡や契約違反を避けることが大切です。

適切に乗り換えを行うことで、企業は資金調達の柔軟性を高め、ビジネスの拡大に役立てることができます。

ファクタリング乗り換えのメリットは手数料を下げられること!

ファクタリングの乗り換えで手数料が下がる

乗り換えファクタリングは、低い手数料でファクタリングを利用できる可能性が高いです。

通常ファクタリングは利用回数に応じて、手数料が下がるようになっています。

他社で既に利用している場合、財務状況や利用者の信頼性が担保されているので、乗り換えの際に手数料を下げやすくなります。

ファクタリング会社によっては乗り換えのファクタリングでは、手数料を下げると明示しているケースも存在します。

審査が優遇されるので資金調達までのスピードが早い

乗り換えでのファクタリングは審査スピードが早い

他社利用中でファクタリング会社に申し込んだ場合、審査スピードが早くなる傾向があります。

ファクタリング利用者と売掛先の与信調査の時間が短くなるため、乗り換えでの申し込みされている方は審査時間が短いです。

そのため既存のファクタリング会社で入金スピードが遅いとお悩みの方には最適でしょう。

例えばファストファクタリングでは、乗り換えでの申し込みの場合は審査を優遇すると明言しています。

専門的なサポートを受けられる

専門的な知識を持つファクタリング会社を選ぶことで、複雑な財務状況や独特な業界のニーズに対する専門的なアドバイスが得られます。

例えばファクタリング利用者が最も多い業態である「建設業」は、業界に精通したファクタリング会社を利用すれば事業内容に合わせた資金繰りのプランを考えてくれます。

特定のニーズにカスタマイズされたサービスを提供する会社なら、より効率的かつ効果的な資金調達を実現します。

例えば、業界特有の要件や企業の特定の財務状況に合わせた柔軟な契約条件が得られる可能性があります。

ファクタリング乗り換えの注意点!二重譲渡は刑事告訴される可能性があり、複数社の同時利用はバレる

二重譲渡は刑事罰に当たる

ファクタリングの乗り換えでは、二重譲渡のリスクに注意することが大切です。

二重譲渡とは、同一の売掛金を複数のファクタリング会社に譲渡する行為を指します。このような行為は、故意に行われる場合、横領罪や詐欺罪に該当する可能性があり、刑事責任を問われることになります。これは、信用取引の基本原則を破る重大な違反行為であり、企業の信用失墜にもつながりかねません。

他社利用中の方で既に譲渡してしまった債権を利用して、複数社同時にファクタリング会社を利用すると二重譲渡に該当します。

債権の二重譲渡は、架空の債権を売る行為とみなされてしまうため背任罪や横領罪に問われる可能性があります。

実際に2020年には架空債権の譲渡によって、逮捕された例も存在します。

そのためファクタリング会社に譲渡してしまった債権の乗り換えファクタリングできないので、注意が必要です。

乗り換えの回数が増えると他社を利用しにくくなる

ファクタリングサービスの乗り換えを頻繁に行うと、将来的に他社のファクタリングサービスを利用する際に不利になる可能性があります。

頻繁な乗り換えは、企業の財務安定性や信用度に疑問を投げかけることがあるためです。

ファクタリング会社は、クライアントの信用リスクを評価する際に、過去のファクタリング履歴を重視します。

短期間に複数社利用することは、財務的な不安定さやリスク管理の不備を示唆することがあり、新たなファクタリング契約の承認に影響を及ぼすことがあります。

長期的な視点から、乗り換えは必要性に基づいて行うことが重要です。

企業の信頼性を維持し、将来の資金調達の選択肢を広げることが可能になります。

ファクタリング乗り換えの成功している人の特徴!2回以上同じファクタリング会社を利用している

ファクタリングの乗り換えで成功している人には共通の特徴があります。

乗り換え前のファクタリング会社を2回以上利用していることは、成功の重要な要素の一つです。

複数回の利用によって与信が確立され、新しいファクタリング会社の審査に通りやすくなるためです。

継続して同一のファクタリング会社と取引を行うことは、企業の財務安定性や信用力の高さを示す良い指標となります。

特にファクタリング会社は、過去の取引履歴を重視して新規クライアントのリスクを評価するため、この履歴は審査の際に大きなアドバンテージとなり得ます。

同じファクタリング会社との継続取引は、企業が契約条件を守り、安定したビジネス運営を行っている証拠となることもあります。

過去に利用したファクタリング会社の契約書を所有している

過去に利用したファクタリング会社との契約書を保持していることが多いです。

企業は以前の契約条件を正確に把握し、新しいファクタリング会社と交渉する際の参考にすることができます。

契約書には手数料率・支払い条件など、乗り換えを検討する際に考慮すべき重要な詳細が含まれています。

過去の契約書を持っていることは、二重譲渡やその他の契約違反を避ける上でも役立ちます。

既存の契約内容を正確に理解していれば、新しい契約を結ぶ際に法的な問題のリスクを最小限に抑えることが可能です。

過去ファクタリングを利用した際に、ファクタリング会社への支払いで遅延をしてない

過去のファクタリング利用時に支払い遅延がないことは大切です。

支払い履歴は、企業の信頼性と責任感を反映する重要な指標です。

ファクタリング会社への支払いを期日通りに行っていることは、企業が財務的に安定しており、契約条件を厳守する信頼できるパートナーであることを示します。

審査の時点で通帳のコピーを提出するので、過去のファクタリングの利用履歴が確認されます。

売掛金から入金があった当日に、ファクタリング会社に売掛金に手数料を乗せた分を支払っている履歴が評価されます。

ファクタリングの乗り換えで手数料を下げられる5社厳選

こちらでは乗り換えにおすすめのファクタリング会社5社を厳選し、その特徴や利用メリットなどを比較してわかりやすく説明していきます。

  • 土建くん
  • ファストファクタリング
  • アクセルファクター
  • ベストファクター
  • ペイトナーファクタリング

土建くんは建設業のファクタリングに強いサービス

土建くん

ファクタリング乗り換えの対応 申し込み可能
即日対応 有り
審査通過率 91%
手数料
買取額 30万円〜3000万円
取引方法 オンライン
赤字決算 申し込み可能
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記 登記せずに利用可能
運営会社 株式会社ワイズコーポレーション

土建くんは建設業界を専門とするファクタリングサービスです。

土建くんを運営するのは、2017年の設立以来、多くの企業における資金繰りをファクタリングなどでサポートしてきた株式会社ワイズコーポレーション。

「土建くん」ではワイズコーポレーションのノウハウと、経験豊かなスタッフが建設業界特有の資金繰りに関するお悩みを解決してくれます。

土建くんは建設業の利用者がおり少額債権の買取もOK,、法人・個人事業主問わず申し込み可能です。

オンライン完結取引できるので日本全国どこからでも利用できます。

納品から入金までのリードタイムの長さや、請負契約のため資金が足りないケースなど建設業界特有のお金に関する悩みを理解した上での、提案を行なっているのでお客様満足度が95%と高い特徴があります。

キャッシュフローの悪化や事業継続の危機に悩む経営者を救うべく、土建くんでは入金待ちの請求書だけでなく発注時の注文書でもファクタリングも実施しています。

土建くんのファクタリング申し込みは専用の査定フォーム、もしくはLINEから行えます。

申し込みは24時間365日受け付けているので、緊急時に1分でも早く申し込みをして安心したい、という顧客のニーズにも対応してくれます。

アクセルファクターは利用者の希望に合わせた柔軟な審査が強み

アクセルファクター

ファクタリング乗り換えの対応 申し込み可能
即日対応 あり
審査通過率 93%
手数料 2.0%~20%
買取額 30万円〜1億円
取引方法 オンライン・対面
赤字決算 申し込み可能
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記 登記せずに利用可能
運営会社 株式会社アクセルファクター

アクセルファクターは、柔軟な審査によって利用者のニーズに合わせた取引を行っているサービスです。

実に利用者の5割以上が即日での資金調達を実現しており、その対応力が魅力です。

資金調達の専門家が選ぶ「安心して利用できるファクタリングサービスNo.1」を獲得したこともあり、多くの利用者の支持を集めています。

買取債権についてもアクセルファクターでは柔軟に対応。

少額債権から高額債権まで幅広い買取実績があります。債権額の多寡が審査基準ではないと謳っている点は、利用者にとって安心できます。

また少額債権でも高額債権と同じように低手数料を実現しようと尽力している点は、好感が持てるポイントです。

>>>アクセルファクターの無料査定はこちら

ベストファクターは低手数料の口コミ多数のサービス

ベストファクター

ファクタリング乗り換えの対応 申し込み可能
即日対応 あり
審査通過率 92.25%
手数料 2.0%~20%
買取額 10万円〜3億円
取引方法 オンライン・対面
赤字決算 申し込み可能
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記 登記せずに利用可能
運営会社 株式会社アレシア

ベストファクターは業界最低クラスの手数料2%を実現するなど、最低手数料の安さが魅力のファクタリング会社です。

10万円台の少額債権から3億円を超える高額債権まで幅広く対応利用者の60%近くが即日での入金対応を受けており、スピード資金調達も可能なファクタリング会社です。

また注文書や発注書の買取も行っているのがベストファクターの特徴の一つです。

こちらは「BESTPAY」というサービス名で、通常のファクタリングとは異なり、最短翌日の入金となっていますが、買取手数料は5%からと低い水準で、債権譲渡登記も不要です。受注後すぐに現金化も可能で、入金サイクルを大幅に短縮できる点でキャッシュフローに悩む経営者にとって大きな魅力です。

高度なセキュリティ対策で利用者の情報を強固に保護しており、安心して利用できる点もベストファクターの強みです。

>>>ベストファクターの無料即日審査はこちら

ファストファクタリングは乗り換え利用者を優遇するサービス

ファストファクタリング

ファクタリング乗り換えの対応 申し込み可能(手数料が安くなるキャンペーン有り)
即日対応 あり
審査通過率
手数料
買取額 10万円〜1億円
取引方法 オンライン
赤字決算 申し込み可能
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記 登記せずに利用可能
運営会社 株式会社ミラージュ

ファストファクタリングは他社からの乗り換えの利用者を優遇しているファクタリング会社です。

乗り換え時に手数料が10%安くなるキャンペーンや、乗り換え利用者を優遇した審査を行なっています。

ファストファクタリングでは、申し込みから入金まで最短当日で現金化が可能です。

最短60秒のクイック審査や対面不要でオンラインで完結する取引によって、業界最速クラスのスピード対応が高評価を受けています。

資金調達に詳しい経験豊富なスタッフが在籍し、それぞれの得意分野で最適なプランの提案といったように、コンサルティングサービスにも力を入れているファストファクタリング。

顧客の経営安定化に対するこだわりが強く、将来債権ファクタリングの対応や、長期的な財務コンサルティングなどアフターサポートを行っています。

必要書類は最低限のスピード対応「ペイトナーファクタリング」

ペイトナーファクタリング

ファクタリング乗り換えの対応 申し込み可能
即日対応 あり
審査通過率
手数料 一律10%
買取額 1万円〜25万円
取引方法 オンライン
赤字決算 申し込み可能
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記 登記せずに利用可能
運営会社 ペイトナー株式会社

ペイトナーファクタリングは今すぐ請求書を現金化したいフリーランスにとって魅力のあるファクタリングサービスです。

申し込み方法は簡単で、画像化した請求書データ、本人確認書類等を専用のフォームから送信するだけで機械的にAI審査が行われます。

申し込みから入金まで最短10分という業界最速クラスのスピード感は、ペイトナーファクタリングの大きな強みです。

請求書の額面から10%の手数料を差し引いた金額が入金されます。

ただし申し込みできる請求書の金額は利用者によって異なり、初回申請可能枠は25万円で最大100万円程度まで拡大されます。

個人間取引での利用もできる柔軟性もメリットの一つです。

法人を介さず、フリーランス同士で仕事を受発注するケースでファクタリングを利用したい場合でも、ペイトナーファクタリングなら柔軟に対応してくれます。

最短数分で審査結果のメールが届き、入金まで10分もかからないAI審査に加え、サービス利用料(ファクタリング手数料)は請求書額面の10%といったように、わかりやすさがペイトナーファクタリングの特徴です。

ファクタリング乗り換えについてよくある質問

ファクタリングの乗り換えを検討する際、企業や個人事業主の方々からはさまざまな疑問や質問が寄せられます。これらの質問は、ファクタリングサービスの選定や乗り換えのプロセスに関する具体的な情報を求めるものが多いです。

ここでは、ファクタリングの乗り換えに関連するよくある質問に答えることで、より明確で有用な情報を提供します。これにより、読者の皆様がファクタリングサービスの選択や乗り換えを行う際の決定を、より簡単かつ効果的に行えるよう支援します。

少額ファクタリングの乗り換え先におすすめのサービスは?

少額ファクタリングの乗り換え先としておすすめの一つが「ペイトナーファクタリング」です。

ペイトナーファクタリングは、特に小規模事業主や中小企業に向けたサービスを提供しており、1万円〜25万円の売掛金にも対応しています。

サービスの大きな魅力は、迅速かつ柔軟な資金調達が可能であることです。特に、少額の資金ニーズに迅速に対応する能力は、小規模事業を営む方々にとって大きな利点となります。

ペイトナーファクタリングは、利用手続きの簡素化(事業計画書などの書類提出不要)や迅速な審査プロセス(最短10分で振込)を備えており、スムーズな資金調達をサポートします。

また、透明性の高い料金体系(初期費用・月額費用ゼロ)や利用者に寄り添ったサポート体制も、多くの利用者に評価されています。これらの特徴は、少額ファクタリングを必要とする事業主にとって、乗り換えを検討する際の重要なポイントです。

したがって、手軽さと効率性を重視する場合、ペイトナーファクタリングは優れた選択肢となるでしょう。

ファクタリングの乗り換えで即日入金したい方におすすめのサービスは?

即日入金を希望する方にとって、ファストファクタリングは魅力的な選択肢です。

現在、他社でファクタリングを利用しているお客様を対象に、手数料最大10%OFFキャンペーンを実施しています​​。ファストファクタリングは業界最速の審査スピードを特長とし、信頼性を考慮して迅速な審査を提供しています。これにより、最短即日での資金化を約束しています​​。

また、過去の取引実績がある場合、少額から高額まで取引額に関わらず、適正な手数料での取引が可能です​​。

ファクタリング乗り換えについてまとめ

この記事では、ファクタリングの乗り換えが他社利用中でも可能であること、そのメリットや注意点、成功している人の特徴、そしてよくある質問について詳しく解説しました。ファクタリングの乗り換えは、適切な知識と慎重な対応をもって行うことで、企業の資金調達を最適化し、ビジネスの拡大に大きく貢献することができます。